ブルームーン_1

Amazonの創業者でお馴染みのジェフ・ベゾス氏が設立したブルー・オリジンは先日、月面に着陸し探査機を展開できる無人着陸機ブルームーンを発表しました。将来この機体を大型化した有人着陸船の開発も構想されているそうです。

スポンサーリンク
アメリカの民間企業ブルー・オリジンの設立者ベゾス氏はワシントンD.C.のConvention Centerでイベントを開き、実に3年の歳月をかけて開発してきたという月着陸機『ブルームーン』を発表しました。同社によると2023年までに探査機を搭載した無人機が試験され、2024年には宇宙飛行士が乗り込める着陸機をテストすることができるとしています。

Blue Origin unveils lunar lander - SpaceNews.com



ベゾス氏によると月着陸機は液体酸素と液体水素を燃焼させる推力は10,000ポンドの液体ロケットエンジン『BE-7』を搭載。このエンジンの試験は早ければ今年の夏にも実施するとしています。
ブルー・オリジンは液体酸素と液化天然ガスを燃焼させる新しいタイプのエンジンを開発しているのですが、月の資源を勘案した時に天然ガスではなく水から水素を作り出すことができるため将来の補給という点からも液体水素と酸素にしたということも記載されています。

▼無人版ブルームーン
ブルームーン_2

ブルームーンに搭載可能な重量は3.6~6.5トン。無人着陸機では機体側面には小型人工衛星を搭載可能で月軌道上で展開することができます。月面に展開できる探査機は合計で4機。これをアームとワイヤーを使用し4方に展開することができます。

▼有人版ブルームーン。無人版ブルームーンはニューグレンロケットで打ち上げる事ができる。有人版では機体サイズから月着陸船と有人打ち上げは別々に実施される可能性が高い。
有人版ブルームーン

現在アメリカのNASAを始め有人月面探査に力を入れいることが発表されているのですが、ブルー・オリジンは当初から火星や小惑星ではなく、まずは月を開発することが先だという道筋を発表し続けており、偶然なのか必然なのかは分からないものの国が進めようとしている宇宙開発と方向性が一致したということになります。

アメリカは2024年までに有人月面着陸を再度実施するとしているのですが、実現することができるのか。安全性を最重要視するベゾス氏の思想からもこの時期よりも実施が早くなる事はないと考えられます。いずれにしても近い将来人間が再び月面に降り立つ日はくるとみてよさそうです。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!