image_76

散歩コースの定番『川』。先日ニュージランドで犬と一緒に散歩していた住人が非常に貴重な発見をしたと話題になっています。いったい何をみつけたのでしょうか。写真は発見した男性。

スポンサーリンク
現地でトラクター運転手をしているマイケル・ジョンストンさん。彼はニュージランドを流れるキーバーン川を上司の犬と一緒に散歩したところ奇妙なものを偶然発見してしまいました。実は彼が発見したのは3つの指からなる足跡のような痕跡です。

Тракторист пошёл гулять с собаками и сделал находку, которой

image_77

そこでジョンストンさんは写真を撮影し地元の自然科学博物館のスタッフに連絡を入れたところ、博物館の学芸員が駆けつけウェットスーツを着用。ジョンストンさんが指示したスポットを捜索したところ、水中から手付かずの状態で保存された足跡が発見されました。キーバーン川は2018年に洪水が発生したことが原因で今回の発見につながったとしています。

image_78

image_79

「非常に衝撃的だった。水中で完全に保存された足跡を見ることができたことは私のキャリアの中で最も幸福な瞬間だった」と学芸員は話しているとのことです。

実はこの足跡、恐竜の足跡でもなければドラゴンボールに出てくるとある敵キャラクターの足跡でもありません。今から500年ほど前に絶滅してしまったニュージランドの固有種『ジャイアントモア』のものでした。

image_80

実はキーバーン川が流れる南島ではジャイアントモアの足跡は初めて発見されたらしく非常に貴重なものだと話しています。また足跡が形成されたのは最近のものではなく、少なくとも数百万年前の氷河期以前のものではないかとしています。

ジャイアントモアはこの島に移住してきたマオリ族による乱獲が繰り返され1500年代より以前には絶滅してしまったと考えられています。この鳥は飛ぶことができず、体重は最大で250kg、背丈は3.6mほどあったといわれています。

image_81
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!