MQ-25_1

空母から飛び立ち味方機に給油するという無人給油機。運用されれば世界初の艦上無人給油機ということになるのですが、ボーイング製のMQ-25が今後間もなく実施されると考えられる初飛行の準備が進められていると報じられています。

スポンサーリンク
ボーイングからイリノイ州のスコット空軍基地に隣接するセントルイス空港に到着したのは世界初の実用型無人艦上給油機となるMQ-25 スティグレイという機体です。先日この機体がトラックに載せられ輸送される様子が撮影されていたのですが、現在の最新の様子が報じられています。記事によると、現在初飛行に向けた一連の試験作業が始まったとしています。

性感“小红唇”亮了:美国MQ-25无人机备战首飞_军事_环球网

MQ-25_2

間もなく実施される初飛行以降については運用能力を試験するため18ヶ月間の試験が予定されているとのことです。

MQ-25_3

その後、開発が順調に進めば2026年にも空母に配備されます。これにより航空機の移動距離が伸びることにより空母の攻撃能力の底上げが見込めます。アメリカ海軍では有人のKA-6Dという給油機を配備していたものの既に引退しており、以降は空母で運用する専用の給油機は配備していないとも紹介されています。

MQ-25_4

MQ-25_5

MQ-25_6
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!