image_173

韓国の複数メディアによると、北朝鮮国営の労働新聞は30日『反党・反革命行為』などと対米交渉の実務チームらを処刑及び強制収容所送りにしたとする記事を掲載しています。ただ、該当する記事が確認できておらず現時点で記事に信憑性が疑われる内容になっています。

スポンサーリンク
韓国メディアによると、今回処刑及び強制収容所に送られた可能性が高いと言われているのは複数の人物で金正恩の実の妹も含まれています。その多くはアメリカとの交渉に出席していたり実際に交渉を担当していた人物らで、前回の交渉決裂が原因で粛清されたと考えられます。ただ、該当する記事が労働新聞に掲載されておらずいったい何を元に韓国メディアが報じたのかは不明です。

北노동신문 "준엄한 심판"…김영철·김혁철 숙청설 | 연합뉴스
North Korea 'executes envoy to US' after Trump summit failures – report | World news | The Guardian

まず挙げられているのは金革哲(김혁철) 国務委員会対米特別代表です。合わせて4人の外務省幹部らも処刑されたとしています。理由については明らかになっていないのですが労働新聞では『米帝スパイの容疑』だとしているとのこと。
金革哲

金英哲(김영철)労働党統一戦線部長は強制労働および思想教育を受けているとのこと。
金英哲

金聖恵統一戦線部統一戦略室長も強制収容所送りとのこと。
金聖恵

通訳を担当していたシン・ヘヨンは通訳ミスで政治犯収容所送り。
シン・ヘヨン

妹の金与正労働党第1副部長も謹慎。
金与正

このようにテレビで一度は目にしたことがあるような人物らで、アメリカとの交渉に携わっていた人物が中心となっていることから交渉の決裂の責任を取らされていることは間違いないと考えられます。ただ、韓国メディアによると「粛清した」とは直接書かれてはおらず「粛清を暗示した表現が使われている」とのこと。また、仮に今回掲載された内容がフェイクだったとしても米朝首脳会談決裂以降姿を表していない人物が含まれており、こちらに関しては事実ではないかとされています。

北朝鮮の金英哲氏、今年2月から姿確認できず失脚か : ZAPZAP!

仮に粛清したとなればアメリカとの交渉を担当できるよう数少ないと考えられる人材が消えたとすれば今後同様の交渉で様々な影響がでてくることは確実と言えます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!