image_182

アメリカが中心となり開発されたF-35。最新鋭のステルス戦闘機として日本でも配備が進められていのですが、先日フロリダ州で行われたF-35の展示飛行についてコックピット内から撮影された貴重な360度映像がSNS上にアップロードされ注目を集めています。

スポンサーリンク

Facebookにアップロードされたのは先週フロリダ州にあるマイアミビーチで行われたマイアミビーチ航空ショーに参加したF-35Aです。当時様々機体による航空ショーが実施されそのショーとショーの間にF-35Aによる展示飛行が実施されました。


こちらがその様子です。なんとコックピット左前方に360度撮影できるカメラが搭載され飛行時のパイロット様子、そしてコックピットから見えるであろう前方の様子も収められるなど非常に貴重な映像となっています。
飛行時に撮影されたコックピット内の映像については珍しくはないものの、F-35についてはほとんど存在していないと考えられます。

F-35デモパイロットによる展示飛行は2019年だけでアメリカ各地で実施される17の航空ショーに参加するとのこと。展示飛行を行ったのはアリゾナ州のルーク空軍基地第56戦闘隊に所属するAndrew “Dojo” Olson大尉とのことです。

▼インタビューに応じるAndrew “Dojo” Olson大尉

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!