image_218

蛇口をひねれば当たり前のように出る水。その水道水が突然赤色に染まったら…。韓国のインチョン市の広い範囲で赤い水道水がでたとして学校給食が停止するなどの影響がでていると報じられています。

スポンサーリンク
韓国メディア中央日報によると今月4日、韓国ソウルに隣接するインチョン市西区一帯で水道から赤い水がでるという現象が確認され、被害が出た64の小中学校、及び高校で給食を停止するなど被害が出た他学校給食が停止するよう公文書が送られたと報じています。

인천 붉은 수돗물 사태 엿새째···학교 64곳, 급식 중단

記事によると今回の事態により教育庁は学校それぞれの事情に合わせて授業の短縮や代替給食、個人弁当を持参するようにいくつか指示を出したといいます。結果として、49の学校が代替給食、13校が授業の短縮、2校が弁当持参の決定を行ったとしています。
また被害が確認されていない地域に関しては基本的に給食は提供するものの、学校長が親の意見を集約し給食のの提供をどうするか決定するようにしたとしています。

被害は海を挟んだ永宗島でも確認されており記事によると3日の午後から仁川市上水道事業局に苦情が寄せられたとしています。ただ、こちらの苦情についてはいずれもアパートからのものに集中しているなど本土とは異なる事態になっていたといいます。水道事業局によると本土側とは配管が異なっているためアパートそれぞれの貯水タンクの水を抜き事象が確認できるか把握中だとのこと。



何故今回インチョン市では赤水がでたのか。先月30日にインチョン市西区で水道水が赤く染まっているという苦情が寄せられ調査を行った結果、ソウル市にあるポンプ施設の電気工事の関係で取水場から浄水場に入ってくる水道水が一時的に停止したことに原因があるのではないかとしています。赤水については10日現在も続いているとされています。

▼水道フィルターに詰まった不純物
image_219

仁川市上水道事業本部によると現象の原因分析には少なくとも7日程度の日数を要するとしており、被害にあった地域ではミネラルウォーターや浄水器フィルターの交換また飲料水の購入費用などを補償する方針を明らかにしているとのことです。

この手の赤水については一般的に水道管が腐食したことにより発生するサビが原因とされています。このサビは水道管工事などで一時的に流れが変わるなどした場合、水道管に溜まったサビが一気に流れ出し赤水として確認されることがあります。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!