Hypersonic Technology Demonstrator Vehicle_1

近年が進められている軍事兵器の一つとして極超音速技術があります。これに関してインド国防総省は極超音速機の試験を行い一連の試験に成功したと報じられています。

中国共産党の機関紙人民日報の姉妹紙『環球時報』によると、今月12日インドの政府機関である防衛研究開発機構(DRDO)はインド洋東海岸で極超音速技術検証航空機(Hypersonic Technology Demonstrator Vehicle、HSTDV)の試験を行いこれに成功したと発表したと報じています。

印度高超音速飞行器首飞 用上超燃冲压发动机_军事_环球网

試験は同日午前11時27分、インドの弾道ミサイルであるアグニ1の先端に搭載される形で打ち上げられました。弾道ミサイルを使用した理由はスクラムジェットエンジンを搭載した極超音速機は単体で0km/hかの加速が不可能であるためあるロケットモーターや弾道ミサイルなどを使用し予め加速させておく必要があります。
打ち上げられた極超音速技術検証航空機はその後切り離され各種観測及び試験が実施され関連データの収集を行えたとしており試験は成功したとしています。
Hypersonic Technology Demonstrator Vehicle_2
記事によると、このプロジェクトは数年前により続いているもので、高度15~20kmでのスクラムジェットエンジンの飛行特性を検証したいとしており、現時では予備試験が実施され主に空力性能とスクラムジェットエンジンの性能を検証することが実施されている段階になっているとのこと。

▼試験機の加速に使用されたアニグ1(参考資料)
アニグ-1

インド国防総省によると極超音速技術検証航空機の飛行速度はマッハ6で巡航することができるとしており、20秒で32.5kmも上昇することができるスクラムジェットエンジンを搭載した無人航空機と説明しています。極超音速技術は長距離巡航ミサイルとして使用できる他にも低コストで人工衛星を打ち上げることができるなど民間利用もできるとしています。

一方で一部のインドメディアは今回の試験は実は成功していなかったと報じており、詳細は不明なのですが試験機を載せたアグニ1の飛行がうまく行かなかったともしてます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!