image_73

先日、海外の高級車が中国や韓国、日本、ロシアなどを経由し北朝鮮に渡っていたことに関して、アメリカ当局の発表として過去3年間で800台あまりの高級車が北朝鮮に渡っていた可能性があると伝えています。

韓国メディアニューシスによると米シンクタンク、高等国防研究センター(C4ADS)が現地時間16日に発表したレポートとして、北朝鮮が2015~2017年にかけ実に90カ国からロシアを通じて北朝鮮に不正輸入されたとし、車の中には国連の制裁決議により輸出が禁止されていたものも含まれるとしています。

"북한, 2015~17년 외국제 고급차 800대 이상 밀수입"...C4ADS :: 공감언론 뉴시스통신사 ::

記事によると、具体的に北朝鮮に渡った車両は803台としておりうち日本車は約1/3を占める256台だったとしています。その中には1台約50万ドル(約5億9090万ウォン、約5400万円)する車両『メルセデス・マイバッハS600ガード』があるとしており、これはオランダから中国、大阪、釜山に運ばれ最終的にロシアに渡り北朝鮮に空輸されたとしています。このような車両は今年金正恩委員長が乗り込んでいる様子が実際に確認されていました。

▼不正輸出された高級車に乗る金正恩委員長とムン・ジェイン大統領
image_74

C4ADSによると北朝鮮がこのような手法で安保理の対北制裁決を避け大量の高級車を輸入しており、対策を講じる必要があると指摘しています。また中国とロシアなどは輸送する業者が高級な物資を運搬する時は一層の検査と調査を徹底する必要があると提案してるとのことです。

結果的にメルセデス・マイバッハS600ガードの不正輸出に加担していた大阪市の物流企業は取材に応じており「韓国までの輸送を請け負っただけで、北朝鮮にいくとは思わなかった」などと不正輸出疑惑を否定しているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!