image_148

アメリカで先日、カリフォルニア州で実施されている低空飛行区域で演習を行っていたF/A-18Eが墜落する事故が発生したと報じられています。この事故で操縦していたパイロットが死亡した他に飛行を見学していた人たちが負傷しているとのことです。

アメリカの軍事系ニュースサイトによると、アメリカ海軍の発表として現地時間7月31日午前9時50分頃、カリフォルニア州のデスバレー国立公園内にある渓谷レインボー・キャニオン内の低空飛行区域『ファーザークローリーポイント』通称スターウォーズキャニオンでアメリカ海軍所属のF/A-18Eが墜落したと報じています。

U.S. Navy Confirms Pilot Killed In F/A-18E Crash in Star Wars Canyon – The Aviationist

今回の事故について、米海軍によると墜落した機体はリモア海軍航空基地所在のVFA-151部隊所属で操縦していたパイロットは死亡したとしています。また非公式の情報として墜落現場付近で演習を見学していた一般人が巻き込まれ6名が負傷したとしているものの詳細は不明です。


こちらは墜落地点の映像です。このように広い範囲で焼けたような痕が確認できます。ただ、機体の残骸などが一切確認できずどのような状況で墜落したのか映像だけでは想像することができません。現時点で事故原因は明らかになっていないとしています。

▼墜落した同型機
FA-18E

スターウォーズキャニオンはアメリカ軍所属の軍事訓練区域で渓谷内を低空飛行しながら突き進むという訓練が行われており、渓谷の高さは300m程度しかなくそれ以下の飛行高度がとられています。これは敵のレーダーを避けるためこのような地形を利用し飛行するという訓練の一つであり、飛行の様子は制限されていないため誰もが見ることができ写真家を中心に有名な訓練区域の一つとなっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!