3f6e8896

先日、北朝鮮が自国で建造中の新型潜水艦に関して、韓国国防部によるとこの新型潜水艦には3基の潜水艦発射弾道ミサイルを搭載することができると分析していると報じられています。

韓国メディア『ニューシス』によると今月23日北朝鮮が写真付きで公開した新型潜水艦に関してSLBM潜水艦発射弾道ミサイルを3基搭載することができるだろうと韓国国防部が分析結果を発表したと報じています。

국방부 "北, 3천t급 신형잠수함 조만간 진수…SLBM 3기 탑재 가능"(종합) :: 공감언론 뉴시스통신사 ::

記事によると、2016年8月24日を最後に以降行われていないとされる合計で7回実施された北極星1号以降、3000トン級新型潜水艦の建造を進めていると北朝鮮が公式に発表していたものだとしており、あくまで韓国側の推測として3基の北極星1号を搭載することができるのではないかと見ているとしています。

3000トン級潜水艦_2

北朝鮮が先月公開した写真には艦橋部分の後方がモザイク処置されており、これまで開発された世界の潜水艦から分析されるようにこの位置にSLBM発射管を搭載していると考えられており、国防部によると潜水艦の直径が7m程度とみると全長は約70~80mの潜水艦で新浦(シンポ)級よりも少し大きくなっている可能性があるとしています。またこの潜水艦に関しては近く進水する可能性が高いとも説明しています。

3000トン級潜水艦_1

潜水艦発射弾道ミサイルとは文字取り潜水艦に搭載し水中または水上から発射することができる弾道ミサイルです。したがって潜航しながら身を隠し対象国まで近づき発射することも可能であり、従来の陸上型の弾道ミサイルとは異なり、射程次第では海に面した国であればそのほとんどが弾道ミサイルの射程内に入るということになります。

▼北極星1号
北極星1号

北朝鮮が運用している北極星1号については通常軌道の打ち上げであれば射程は1000kmあると考えられており、当然日本であれば海から打ち上げた場合、国土の全てがその射程内に収まることになります。また北朝鮮ではこの北極星1号を陸上から打ち上げることができる発展型の北極星2号を開発しており、射程は2000kmとされています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!