image_62

空を飛び交う大小様々な航空機。そのデザインはほぼ共通しており胴体と主翼、水平・垂直尾翼が一般的に搭載されています。一方、ルーマニア人の科学者が今回作ったのはまるでUFOのような円盤型。どのような構造になっているのでしょうか。

『ADIFO』All-Directional Flying Object(全方向飛行オブジェクト)と名付けられたこの航空機。これはルーマニアの研究者により設計・製作された航空機で『全方位』と主張している通り垂直離着陸から前後左右どちらの方向でも移動できるような機体に仕上がっているといいます。

Romanian Engineers Have Created a Fully Functional Flying Saucer - VICE

研究者によるとこの航空機を作るまでに実に20年もの歳月を要したとしており、複雑なシミュレーションを行いモックアップでの風洞試験が行われ今回のプロトタイプが完成したとしています。


研究者によると、この試作機にはファンが搭載されているもののより本格的なジェットエンジンに置き換えたものを作りたいとしており、アップグレードされた機体で亜音速から超音速での飛行能力を実証したいとのこと。

従って人が乗り込めるような大型の試作機の開発を目指したいということになるのですが、記事を読む限りでは開発資金が無いとのことで航空メーカーから政府機関による出資を受け付けているとのこと。

20年前といえばUFOブームがあったような時代になると考えられるのですが、夢を捨てずに研究を進めていたということについては驚きを隠せません。研究者によるとステルス性能も高く超音速突破時の衝撃は発生も少ないとしており、ドローンなどを開発している企業や軍事製品を開発している企業が興味を持つ可能性があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!