image_42

何かと話題になる隣国『韓国』。この国で最近、文在寅政権が2022年を目処に『文在寅大統領記録館』の建設が推進されているとしています。韓国国民の税金で建てられることにもなる記録館。韓国内でも批判する声が上がっています。

スポンサーリンク
韓国メディア『朝鮮日報』によると韓国の歴代大統領としては初となる文在寅大統領記録館の建設をムン・ジェイン政権が進めており、来年度の予算案に敷地購入費として32億ウォン(約3億2000万円)を編成したと報じています。

나랏돈 172억 들여 '文대통령 단독 기록관' 짓는다 - 조선닷컴 - 정치 > 정치 일반

韓国には『統合大統領記録館』というものが2016年に作られており、ここには歴代大統領の関連記録物が統合管理されているとのことなのですが、ムン・ジェイン政権はこれとは異なる専用の記録館を作る方針を明らかにしています。

具体的に何を管理するのか。記事によると文在寅大統領と補佐官、諮問機関(大統領府)の公的記録などを恒久的に管理するという機関になるとしています。もちろんこのような建造物は韓国の歴史上初めて。

9月に提出された資料によると、2020年の予算案に敷地購入費として32億1600万ウォン(約3億2160万円)を編成し、文在寅大統領が就任後の職務など関連したほぼ全ての資料・記録が管理・保管されるとしています。この手の資料は統合大統領記録館で保管されていたものの文在寅大統領の資料は文在寅大統領記録館で管理・保管されるとのことです。

現在建設予定地は明らかになっていないものの文在寅大統領の出身地である釜山が最有力候補となっており館長は文在寅大統領が直接推薦するとのこと。


文在寅大統領記録館の建設について記事には「自分(文在寅大統領時)の無能業績を他人に見せつけるための記念館(記録館)を建てる…子孫にも私達にも、かつてこのような人間が大統領だったと警戒心を与えるものであれば悪いものではない」など否定的な意見が多く寄せられていました。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!