中国版リニア_2

中国が2020年にも試験路線を建設すると計画している中国鉄道車両公社(CRRC)が開発してる中国版リニアモーターカーに関して、予定どおり湖北省にて建設が開始される予定となっていると報じられています。

スポンサーリンク
詳細は不明なのですが、中国メディア『新浪网』が報じた内容によると、9月28日に発表されたレポートとして、中国鉄道第四勘察設計院集団有限公司が研究・開発および設計している時速600~1000kmの高速磁気浮上試験路線プロジェクトに関して、来年2020年に河北省で建設が開始される予定だとしています。

时速600公里“超级列车”或落地湖北_高清图集_新浪网

現時点では報道しか出されていないのですが、記事によると600km/hの高速磁気浮上試験車両は山東省青島市で製造が進められ今年5月末に同市で一般公開されたことがあります。高速磁気浮上列車の特徴としては高速交通以外にも低騒音、低振動、大量輸送、及び低メンテナンスという利点があるとのこと。

中国版リニア_1

中国版リニアモーターカーについては2016年7月時点で研究が始まっており、2018年に発表された予定として2020年に全長5kmの試験路線の建設を始めると発表されていました。

中国版リニア_2

同様のリニアモーターカーについては日本でも建設が始まっているのですが、日本のリニアが営業速度を505km/hとしているものの中国は600km/hとしており速度の面は上です。また安全性などは運用前であり評価は難しいものの次世代高速鉄道でも日中の開発競争が始まっているものと考えられます。
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!