image_42

今月22日に執り行われた即位の礼のハイライトとなった即位礼正殿の儀のおことばに関して、韓国の主要メディアが「世界平和と憲法遵守のメッセージになった」などと伝えていることが明らかになりました。

韓国メディアSBSによると、即位の礼に関する記事として『徳仁天皇即位を宣言... 「世界平和・憲法遵守」』などと見出しをつけ内容を報じていることが明らかになりました。

나루히토 일왕 즉위 선언…"세계 평화·헌법 준수" 아베와 대비 | SBS 뉴스

記事では即位礼正殿の儀のおことばに関して、「国民の幸せと世界の平和を常に願い、国民と寄り添いながら憲法に基づき、日本国と日本国民統合の象徴としての努めを誓う」とし「国民の叡智とたゆみない努力で我が国が一層の発展を成し、国際社会の友好と平和、人類の福祉と繁栄に寄与することを切実に希望します」と表現としてはほぼ間違いがない韓国語訳を紹介しました。
しかし、本文では「徳仁天皇は即位式で「世界平和」と「憲法遵守」を言明した」とし、「憲法を改正して日本を戦争可能な普通の国に変えようとする安倍晋三首相と克明に対比されるメッセージです」などと報じました。

また聯合ニュースでも同じ様に世界平和と憲法遵守のメッセージなどというタイトルで報じています。
나루히토 일왕 즉위 선언 "세계 평화·헌법 준수" 메시지 | 연합뉴스

念の為中国ではどの様に報じられているのかについて簡単に調べたところ、おことばが中国語に翻訳した内容は記載されているものの「憲法遵守を言明した」などという文言は記載されていません

日本德仁天皇“即位礼正殿之仪”举行,仪式有何讲究? - 国际 - 新京报网
德仁天皇正式即位 誓言遵循《宪法》履职“日本国的象征”_新闻频道_央视网(cctv.com)

韓国メディアがなぜ誤った解釈をしたのか。その原因は1990年に執り行われた第125代天皇明仁の即位の礼にあると考えられ、おことばの中に「日本国憲法を遵守し、日本国及び日本国民統合の象徴としてのつとめを果たすことを誓う」と述べられました。したがってこの時のおことばと同じ表現が用いられたと勘違いしたものと考えれます。
ただ、韓国KBSでは1990年と比較し「日本国憲法を遵守」という言葉が無かったということを記載しており誤って解釈したということは考えられません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!