image_52

アメリカで相次ぐ銃犯罪に関して先日、なんと16発も体に被弾したにも関わらず地元の病院まで歩いてたどり着くという出来事があったと報じられています。

海外の複数メディアによると、事件があったのはアメリカ現地時間25日、ノースフィラデルフィアで警察の発表によると25日未明に27歳の男性が襲撃され合計で16発の銃弾を食らう出来事があったといいます。

Shot 16 times, man walks into Temple University Hospital

記事によると、男性の体には右半身に5発、左腰に2発、胸の上部に3発、首に1発など合計16発の被弾箇所があったとしています。しかし男性は救急車を呼ばずに近くにあるテンプル大学病院まで自分の足で向かったといいます。ちなみに事件現場から病院までは片道3kmはあるとしており、病院関係者も驚いていると報じられています。

地元警察によると住民の話としてマシンガンのような発砲音が聞こえたとしており、現場には大口径の薬莢が23個残されていたと記載されていることからハンドガンではなく5.56mmもしくは7.62mmのNATO弾を使用したライフが犯行に用いられたのでないかと考えられます。
また車が急発進するような音も聞こえたとしており現場付近にある防犯カメラから捜査が進められているとのことです。

男性の状態については危機的状況ではあるものの安定した状態だとしています。また警察当局によると男性から直接事情を聞けない段階であり事件の詳細は明らかになっておらず、犯人も特定はされていないとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!