スターリング

スペースXは地上のどこからでも安定した大容量のインターネット接続を可能とする衛星インターネット網の構築を目指していることについて、同社は承認された1万2000基に追加して3万基を追加する書類を提出したと報じられています。

SpaceNewsによると、スペースXはFCCに既に承認済みの12000基あまりのスターリング衛星の打ち上げに関して国際電気通信連合(ITU)に対し3万基の衛星打ち上げる計画の書類を提出したと報じています。

SpaceX submits paperwork for 30,000 more Starlink satellites - SpaceNews.com

記事によるとこの書類には周波数の使用帯域や衛星の投入軌道、希望する衛星の数などの詳細が書かれており、スペースXが打ち上げを希望する時期などについては詳細までは記載はされていないといいます。

この資料がいったいどのようなものなのかについて、衛星を宇宙に展開する前に行われる初期段階のものしており、多くの場合で打ち上げ前の数年前に提出が行われるとしています。そのうえで、今後国内展開を目指すためにはFCCにも同様の申請をする必要があり、こちらにはさらに詳細な内容が記載されることになるとのこと。

今回の3万基の追加打ち上げ計画について記事によるとスペースXの広報担当者は「予想されるニーズの増加に伴うスターリングネットワーク容量と帯域の確保」という趣旨の話をしており、要は今後の事業展開するうえで利用者の増大によりネットワークの速度低下や利用者数制限などを行わなければならないという事態に対し、念の為に申請したという印象を受けます。もちろん、ネットワークの混雑問題が出てからの打ち上げ申請では遅すぎるため3万基という数についてはスペースX予想している利用者数や使用される帯域の最大数値になっているものと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!