アルテミス計画

トランプ政権下のアメリカは2020年代に再び有人月面探査を行うアルテミス計画を進めています。この計画では史上初となる女性宇宙飛行士の月面着陸も予定されているのですが、現在のアルテミス計画がどのようになっているのか詳細が報じられています。

これは10月28日に開催されたLunar Exploration Analysis Group:LEAG(月探査分析グループ)でNASAの有人火星探査計画の担当者、ジョン・コノリー氏が説明したものになります。

NASA shares details of lunar surface missions—and they’re pretty cool | Ars Technica

コノリー氏によると最新のアルテミス計画によると、宇宙飛行士が月面に降り立つのは2024年としており、この2000年代初の月面着陸には男女2名の宇宙飛行士が参加します。また滞在期間については約1週間(6.5日間)としており、これはアポロ計画時の実に2倍に伸びています。

アルテミス計画予定

最初の有人月面探査は最大で4回の船外活動(月面探査)を行うとし、氷のサンプル採取などの本格的な科学的観測を行うとしてしています。したがって探査エリアは月の南極が有力視されており、現在の計画では月の南極点付近に存在する常に太陽の光が当たらない『永久影』となっているエリア付近に着陸します。

▼NASAが設定している着陸地点候補
アルテミス計画における着陸地点候補

また永久影が広がるクレーター内部の外側、つまりクレーターの尾根沿いは月の夏期間にあたる2024年10月~2025年2月の期間まで連続して太陽光が届くため太陽光を用いた発電ができるなど利点があるとしています。

アルテミス計画における着陸地点候補_1

この本格的な科学調査を行う有人探査を成功させるにはいくつか下準備が必要であり、コノリー氏によると宇宙飛行士が月面調査で使用するローバーなどを着陸予定地点に予め送り込んでおく予定です。これはアポロ計画時にはすべてを持ち込んだ探査とは異なるとしています。

アルテミス計画における初の有人月面着陸以降については、ローバーを用いて広範囲を移動・探査することができるようになるほか、最大で4人の宇宙飛行士が14日間の月面探査を行うなど、氷のサンプルから酸素を作るモジュールの設置などが始まるとしています。
また月面からサンプルリターンについては、将来月面着陸機の開発する場合月のサンプルを100kgを目標(最小でも35kg)を地球に返すことができる能力が必要になるとのことです。

コノリー氏によると、アメリカにおける今後長期の探査計画は有人火星探査が最終目標としているものの、現在まずは月面での滞在を目標にしているとし、月で有人火星探査のためのテストはいくつか予定されているとし、月面における長期的な開発も視野に入れているという趣旨の説明をしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!