Low Observable UAV Testbed_1

現代の戦闘機開発のトレンドといえばステルス技術です。この機体開発に関して最近ドイツのエアバス施設で行われたイベントで、実は2007年から開発がはじまっていたというひし形の無人機航空機を発表しました。

The Aviationistによると、今回エアバスが発表したのはLow Observable UAV Testbed (LOUT)というものです。正しいのかは不明なのですが、日本語訳では低観測性無人航空機実証基盤です。要はステルス無人機の開発に向けた実証試験に用いられる試験用のプラットフォームということようです。

この機体を外部の人間が目にするのは予想では初めてではないかと考えられるのですが、いったいどのような背景で開発されたのでしょうか。

Low Observable UAV Testbed_2

記事によると、開発計画は2007年に始まったといい機体重量は4トン。ステルス性や電磁波対策、電子戦、また低騒音かつエンジンから放出される赤外線も抑えるという機体になっているらしく、現在ドイツとフランスなどが共同で開発を進めるとしている第6世代戦闘機 FCASの開発に対して貢献することになるとのこと。

この機体についてはあくまでも実証試験に用いる機体であるためこれをベースに何か無人機を作ったり有人機をつくるというものではなかったとしています。

Low Observable UAV Testbed_3

またLow Observable UAV TestbedとUAVと入っている様に無人機として計画されたものの、有人機としてのオプションも開発されていた可能性があると記事では指摘しています。しかし写真に写し出されたキャノピーについては有人機としてのものではなく、様々な透明フィルムのステルス特性をテストするために配置されたものだとしています。

Low Observable UAV Testbed_4

Low Observable UAV Testbed_1

この手のデザインの機体についてはアメリカではX-47A ペガサスという機体が存在しており、LOUTの開発が始まる4年ほど前の2001年6月には開発が始まっています。その後わずか2年後の2003年3月末に初飛行しています。
後にこの期待はX-47Bと大型化され、無人空母艦載機として世界で初めて空母からの無人離陸・着艦が行われたものの開発は中止となりました。

X-47A

またその前の1987年末にはA-12 アベンジャーという有人ステルス艦上戦闘機開発が承認され1988年には6機のフルスケール試作機の開発が発注されています。結果的にこの機体についても1991年には開発は中止となりました。

A-12 アベンジャー

このような計画を見てもいかにアメリカにおけるステルス開発などが一歩先を行っていたことは明白であり、ドイツなどの海外勢が結果的に後追いするような形になっていたのかを伺えるものになっています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!