シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_8

海外メディアによると、フランス海軍が保有している航空母艦シャルル・ド・ゴールに関して、最近搭載している蒸気カタパルトの射出試験が実施されたと報じられています。

アメリカ海軍以外の軍用水上艦として、動力に原子力を搭載しているのはこの空母シャルル・ド・ゴールです。シャルル・ド・ゴールは1994年に進水し、フランス海軍には2001年に引き渡された空母にになるのですが、最近艦載機を射出する蒸気カタパルトの試験が実施されました。

细看做工差点!法国海军戴高乐航母测试蒸汽弹射器_高清图集_新浪网

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_1
今回試験されたカタパルトは『C-13-3』という蒸気カタパルトでアメリカ製となっています。中国メディアによると、カタパルトはC-13-2というタイプの派生型で、ショートストロークバージョンでさらに軽量化もされているとしています。

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_2
このような射出試験はカタパルトを搭載していない空母では実施する必要がないため、実質アメリカとこのフランス海軍の空母でのみ実施されていると考えられます。

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_3
このような試験自体が非常に珍しく、以前アメリカ海軍で初の電磁カタパルトを搭載したジェラルド・R・フォードで実施されたものが公開されていたことがあります。こちらはオンボードカメラが搭載されており非常に迫力のある映像が撮影されています。


シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_4

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_5

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_6

シャルル・ド・ゴール カタパルト試験_7

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!