image_36

子供に人気のある玩具の一つスライム。ドロッとした独特の手触りが癖になるような玩具になるのですが、韓国メディアによると国内で販売されている約7割の製品から防腐剤など安全基準を上回る有害成分が確認されたと報じられてます。

韓国メディアYTNによると、産業通商資源部国家技術標準院は国内で流通している148のスライム製品を検査した結果を発表し、全体の67%にあたる100の製品で有害成分が検出され販売業者に対してリコールするよう命じたと報じられています。

[경제]'액체 괴물' 슬라임 또 유해성분...100개 제품 리콜 | YTN



記事によると、リコール対象となった100の製品のうち87製品からは国が定める安全基準を超えたホウ素が検出され、残りの13の製品ではフタル酸エステル可塑剤が検出されたとしています。
ホウ素については人体では目や皮膚に刺激を与える物質であり、長期に晒された場合は生殖機能やその発達に問題が生じる可能性があると言われています。またフタル酸エステル可塑剤については肝臓と腎臓に影響を引き起こす可能があるとしており、EUやアメリカでは子供が口に入れる可能性があるとし玩具への混入が禁止されています。

韓国政府によると、製品安全情報センターのホームページにリコール対象商品を発表するとしており対象商品を購入し持っている消費者は交換または返金を受けることができるとのことです。

韓国では今年7月にも市販のスライム玩具からフタル酸系可塑剤が検出され最大で安全基準の766倍も含まれていた商品も確認されていました。韓国ではスライム製品が人気があるらしく一方で含まれる成分について有害性が指摘されたことで今年に入ってからホウ素の安全基準が設けられるなどしていました。

この手の商品は中国から輸入され販売したものが含まれ零細企業は問題が指摘されても回収せず安価な製品を販売するなどの行為が確認されているとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!