image_42

韓国のソウル庁舎正門前で北朝鮮からの脱北者団体がデモ活動を展開したと報じられています。これは韓国政府が拿捕した北朝鮮船舶に乗っていた2人の北朝鮮人が殺人に関わったとし、北朝鮮に強制送還したことの抗議活動だとしています。

簡単にまとめると
  • 今月7日、脱北した北朝鮮人を強制送還させた韓国政府
  • 本当に殺人事件に関わったのかは不明で手順に疑問点
  • 北朝鮮当局が脱北者に『犯罪疑惑』をつければ今後強制送還される可能性
朝鮮日報によると北朝鮮の脱北者らが組織する北朝鮮人権団体総連合は今月12日、政府ソウル庁舎正門の前で『脱北民強制追放阻止 全国脱北民糾弾集会』というデモ活動を行い、今回韓国政府が漁船で南側に侵入した2人の北朝鮮を強制送還した処分について調査を求めたとしています。

"北주장대로면 난 반역자, 당장 강제북송하라"...탈북단체 "강제추방은 반헌법" - 조선닷컴 - 사회 > 사건사고

これは11月2日に朝鮮半島の海上に設けられた北方限界線の韓国側で、北朝鮮船舶が警告射撃等を無視し南進しつづけ韓国海軍により拿捕されたという事件で、当時乗船していた2人の北朝鮮人が操業中の船内で船員16人を殺害し逃走し、北朝鮮当局から追われていたと韓国政府が主張している出来事です。



今回の抗議活動では脱北した2人の北朝鮮人に関して韓国国内で裁判が行われるなど法的な対応がされないままに韓国政府が北朝鮮に強制送還したことについて問題視しており、「韓国政府が手続きをとらずに凶悪犯だと決めつけて北朝鮮に強制送還したことの再発防止を求める」などを訴えていたといいます。

この団体の主張によると、韓国の憲法上は北朝鮮人であっても韓国の国民としており、仮に犯罪行為が確認された場合であっても韓国の司法による処罰が必要だとしています。したがって、今回のように北朝鮮側が脱北者に対して犯罪の疑惑をつければ強制送還ができるようになるという前例を作ってしまったことに憂慮しているとのことです。


脱北者については政府合同調査によると、今年8月15日に北朝鮮から出港し船員3人が10月末に船長を殺害。その後、犯行が外部に漏れることを恐れ16人を殺害したとしています。その後、残った船員が逃走のための資金を得るため採った魚などを売ったところ北朝鮮当局の目に付き逃走。その後、韓国側に侵入し追跡を逃れたと説明しています。ただ、この船に20人近くが乗っており、一方的に16人を次々に殺害出来たのかについては疑問が指摘されています。

また拘束された2人は脱北の意志を示していたものの強制送還まではわずか5日間しかかかっておらず、強制送還の手順もおかしな点があるという指摘もされ始めています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!