image_57

人が操縦するものは必ず事故が発生しますが、今月アメリカのとある空港で小型機のビジネスジェット機が近くに駐機してしていた別の機体に突っ込むという珍しい事故があったと報じられています。

航空機関連のニュースサイト『Airlive』によると、今月17日テキサス州南部のアメリカのサン・アントニオの空港で旅客機同士が衝突するという事故があったと報じています。

INCIDENT A Cessna Citation CJ3 collided a parked business jet during taxi at San Antonio airport, Texas - Aviation news and store

サン・アントニオの消防によると事故は午後4時頃に発生したとしており、セスナ・サイテーションCJ3というビジネスジェット機がタキシング中(移動中)にセスナ サイテーション・アンコールに衝突し、潜り込むような形で停止したとのことです。



衝突した側のサイテーションCJ3には当時、パイロットと整備士、および乗客2名が搭乗していたといい、滑走路上ではなく駐機場を移動中に衝突したとしています。この衝突事故で300ガロンの燃料漏れが発生したとのことです。

現在詳しい事故の原因は明らかになっておらず連邦航空局が調査を進めているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!