超大型ロケット砲の連射試射

今月28日、午後5時3分頃北朝鮮からミサイルが発射されたと海上保安庁が発表していたことに関して、北朝鮮国営メディアは金正恩委員長立ち会いの元、超大型ロケット砲の連射試射に成功と発表しました。

北朝鮮の国営メディア『朝鮮中央通信』によると、「国防科学院が行った超大型ロケット砲の試射に関して、武力の最高指導者金正恩同志が参観した」と写真付きで報じました。

今回の試射について、記事によると朝鮮労働党中央委員会の李炳哲第1副部長、金正植副部長と張昌河、全日好、国防科学研究部門の指導幹部が金正恩委員長を出迎えたとしており、他にも北朝鮮軍の朴正天総参謀長と各部隊長が超大型ロケット砲の試射を参観したと詳しく伝えています。

超大型ロケット砲の連射試射_1

日本メディアによると、北朝鮮東部の咸鏡(ハムギョン)南道リョンポ付近から日本海に向けて弾道ミサイル2発を発射したと報じていおり、それぞれ飛行高度はおよそ100km、380kmほど飛翔したと発表しています。

超大型ロケット砲の連射試射_2

今回の発射が過去の発射と異なるのは朝鮮中央通信が「連射試射に成功」と報じているように短時間に連射を行うという内容です。北朝鮮が主張する超大型ロケット砲については8月24日、9月10日、10月31日と何度か試射は行われていたのですが、先月31日の発射では2発目を発射するまでの間隔が約3分ほど掛かっていたのに対して、今回は30秒ほどで2発目を発射していたと報じられています。

超大型ロケット砲の連射試射_3

朝鮮中央通信によると今回の連射試験に関しては「超大型ロケット砲の戦闘適用性を最終的に検討することに目的とした今回の連発試射は、兵器システムの軍事技術的優越性と信頼性が確実に保障されるということを立証した」と記載しています。

韓国メディア聯合ニュースによると、韓国の専門家の主張として過去の発射では「ロケット砲の中核性能である連射発射のレベルには達していない」と分析していたものの、今回30秒まで短縮することに成功しており、連射発射性能を実証したのではないかと評価がでてきていると報じています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!