image_3

SNSの普及に伴い日々多く投稿されているのが根拠のないデマや捏造したような内容です。これに関して中国では「無料で大根を採ることができる」などとデマがインターネットで拡散し、多くの大根が抜き去れるという出来事があったと報じられています。

即時新聞などによると、騒動被害に遭ったのは湖北省武漢に住む陳さんという農家です。陳さんはこの地域に大規模な畑を持っており大根を育てていたといいます。しかし、最近大根の価格が下がったためあえて収穫しようとはしなかったといいます。しかし、どこからか陳さんの畑の大根を無料で採ることができるなどと嘘が流れた結果、数日間かけ大量の大根が略奪されるという事態になったとのことです。

誤傳免費吸引千人拔蘿蔔 農戶損失數十萬人仔|即時新聞|兩岸|on.cc東網

image_4

今月6日、被害に遭った陳さんによると今月1日からぞくぞくと人が押し寄せ大量の大根が略奪される事態になったと話しており、それが2日、3日と続いたとのこと。略奪された大根は推定で500トンとしており、推定で30万~40万元(460万~600万円)の損失となったとのこと。


記事によると、なかには無料ではないと知りお金を支払った人もいるとしてるのですが、その額はわずか500元、日本円で7700円程度しか受け取れなかったとこと。また略奪した一部の人間は袋に入れた大根その場で10元で販売していた輩もいたと報じられています。

image_5

なぜこのようなデマが広まってしまったのか。記事によると、詳細は不明なのですが陳さんが11月末に近所の住人に「大根を分けてほしい」と相談を持ちかけられたといいます。そこで陳さんは「見た目が良くない大根であればお金はいらないから持っていっていいよ」と答えていたといいます。
その結果、「畑全部の大根が無料!」などとデマが広まってしまい騒動に発展したとのこと。

この騒動については当然地元当局が報告を受けており捜査に着手しているとのことです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!