image_22

世界最大の家具量販店『IKEA』が輸入し販売していたマグカップに関して、環境ホルモンの一種に関して基準値の最大で6倍も含まれていたとして現在回収が行われていると報じられています。

韓国メディア聯合ニュースによると、韓国の国家行政機関、食品医薬品安全処は「イケアコリア株式会社」が輸入・販売していたインド産マグカップから、環境ホルモン物質であるフタル酸ジブチルが基準の0.3mg/L以下を超え、1.6~1.8mg/L検出されたことをうけ販売中止とし製品を回収していると報じています。

'환경호르몬 물질 초과검출' 이케아 수입 머그잔 회수 | 연합뉴스

問題の商品はTROLIGTVIS トローリグトヴィスという携帯用マグカップで韓国以外でも日本やその他の国でも販売されているものです。この商品には色違いが幾つか存在するものの、すべて回収の対象となっているとしています。

記事によると基準値超えとなったフタル酸は環境ホルモンの一種で、直ちに人体に影響は無いものの長期的摂取することで内分泌系をかく乱し、生殖発達に悪影響を与える可能性があるとされています。

日本国内のイケアに関しては当該商品については回収などリコールの対象とはなっておらず、どのような扱いがされているのかは不明です。韓国で販売されているものと、日本で販売されているものはロットが違うのか産地が違うのかは不明なのですが、念の為使用は控えたほうが良いと考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加