image_53

2019年も残すところ1週間となりましたが、今月26日木曜日、午後2時28分ごろより2時間程度、日本の広い範囲で部分日食が観測できると日本国立天文台が発表しています。

12月26日の午後、日本全国で部分日食が起こります。世界の一部地域では金環食が起こりますが、日本では部分食となります。また、東日本や北日本では、太陽が欠けたまま日の入りとなる「日入帯食(にちにゅうたいしょく)」となります。日食とは、月が太陽の前を横切るために、月によって太陽の一部(または全部)が隠される現象です。

国立天文台(NAOJ)
部分日食が観測可能な範囲は北海道から沖縄で、より南の地域では大きく欠けた太陽を観測することができます。観測可能な時間は地域により異なるものの南の地域、沖縄では14時頃より北海道では14時30分より徐々に欠け始め、食が最大となるのは全国共通で15時30分前後の時間帯となっています。

image2

今回の部分日食で懸念されるのはお天気と太陽の位置です。

image_52

太陽の位置に関してはこちらの東京での見え方として20度程度で欠け始め、欠け方が最大となる15時35分頃では10度となるため地域によっては建物や山陰に隠れてしまい観測が難しくなる可能性があります。

また今回の部分日食は太陽が欠けた状態で日の入りとなる『日入帯食』となるといい、お天気次第では日本海側にお住まいの方は海や海が見える地域で観測されるのも良いかもしれません。
このエントリーをはてなブックマークに追加