image_62

ボーイングが開発した有人宇宙船、CST-100こと『スターライナー』に関して、打ち上げ時のトラブルにより予定よりも早く地球に帰還することになった件に関して、正常に着陸することに成功したと報じられています。

アメリカ航空宇宙局(NASA)およびボーイングによると、予定よりも6日早く今月20日に打ち上げたばかりのスターライナーの地球帰還が実施され、ニューメキシコ州のホワイトサンズ・ミサイル実験場に着陸することに成功したと発表しました。
今回の着陸に関しては着陸予定地点よりも1200mほど離れた地点に着陸したとしています。

NASA, Boeing Complete Successful Landing of Starliner Flight Test | NASA



スターライナーについてはNASAが開発しているオリオンやスペースXの宇宙船クルードラゴンとは異なり陸上に着陸するよう設計されており、エアバックを展開することで着陸時の衝撃を和らげるよう設計されています。宇宙船に関しては回収したあと再整備することで再利用可能なものとなっています。

今回の一連の試験に関してNASA、ボーイングの発表によると予定の60~90%のプログラムが完了することができたと推定しています。従ってNASAの長官によると今回の試験自体は多くの試験は達成できたなど主張しており「成功」だと説明しています。しかし、宇宙飛行士を打ち上げ国際宇宙ステーションに接近しドッキング、そして帰還させるという目標は達成することはできず、この第一の目標がクリアできなかったことは事実上の失敗を意味しています。

打ち上げの失敗に関しては打ち上げ時ロケットから切り離された時点でスターライナー内部の時計が11時間も早く進んでいたことが明らかになっており、これにより11時間先を飛行していたと宇宙船のコンピュータが誤認してしまったことで姿勢制御用のスラスターを異常燃焼させたことで国際宇宙への到着が不可能となりました。

ボーイングによると、今回の研究では収集されたデータの分析には3ヶ月ほど時間を要するとしており、再打ち上げを実施するのかに関しては2~6ヶ月ほど打ち上げが延期される可能性があるとしています。また今現在スターライナーを用いた宇宙飛行士の有人打ち上げについては設定されていません。

今回使用されたスターライナーは次回の打ち上げでも使用されるとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!