image_42

アメリカが2020年代にも実施する予定の再月面有人着陸。これはアルテミス計画などと呼ばれているのですが、一連の月探査に関してNASAの長官は昨年9月に日米の宇宙飛行士が共に月面有人着陸を実施する計画を日本側に提案していたことが明らかになりました。

韓国メディアによると、日本の一部のメディアが報じた内容としてアメリカ航空宇宙局(NASA)のブライデンスタイン長官が2019年9月24日の来日した時に、日本政府に対して日米の宇宙飛行士が共同で月面着陸を実施する計画を提案していたと報じています。

'시진핑 우주몽' 꺼림칙한 美, 日에 "유인 달탐사하자" 제안 - 중앙일보

記事によると、この計画はアルテミスにおけるアメリカ人宇宙飛行士による月面有人着陸が実施された後になると考えられ、早くても2025年以降になるとしてます。アメリカはアポロ計画で12人の宇宙飛行士を月面に送り込んだ唯一の国となっており、仮にこの計画が推進されれば日本人宇宙飛行士が世界で2番目に月面に立つことになるとしています。

具体的には、この発言はNASA局長が日本政府の宇宙政策委員長である葛西氏とJR東海名誉会長らと非公式面談を行った時の発言だったとしており、「日米両国の宇宙飛行士が一緒に月面に立つことを念頭に(日本は)前向きな検討をしてほしい」と話したと伝えられています。



一方日本側については、2017年11月時点で『米国が2020年代後半に建設を計画している月軌道上の宇宙基地に参加し、日本人飛行士の月面探査を実現したい考えだ。宇宙政策を議論する政府の専門家会合で近く、こうした方針をまとめた報告書案を示す』としており、日本人宇宙飛行士の月面有人着陸は兼ねてより望んでいることが知られています。

その後、長官が訪日した後となる2019年10月中旬には日本の内閣府宇宙政策委員会がアメリカのアルテミス計画に正式参画することを発表しています。

今回の提案についてはアメリカ側は中国を強く意識した判断と見られており、世界初となる月の裏側に探査機を送り込むなど中国は急速に宇宙開発を拡大しており、日米共同で実施することで牽制する狙いがあるとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!