image_102

スーパーのチョコレートコーナーに行くとカカオ〇〇%などと様々なダークチョコレートが販売されています。これに関して、イギリスで行われた研究によると、毎日僅かなチョコレートの摂取で運動能力の向上が確認されたなどと報じられています。

韓国メディア『ファイナンシャルニュース』によると、イギリスのキングストン大学が発表した内容として9人のサイクリストを対象に基礎体力を測定した後、2つのグループに分け2週間カカオ成分が入っていないホワイトチョコ、もう片方はダークチョコレートをそれぞれ40g分摂取してもらいました。結果、ダークチョコレートを摂取したグループでは運動能力の向上が確認されたとしてます。

다크 초콜릿, 매일 한 조각씩 먹었더니 [굿모닝 건강] - 파이낸셜뉴스

記事によると、双方の運動能力の違いについてダークチョコレートグループはホワイトチョコレートグループよりも身体活動量と運動能力が向上されている様子を見せたとし、基礎体力テストでは酸素消費量が少なく持久力に効果が見られたとしています。
研究者によるとその原因についてはダークチョコレートの中に入っているポリフェノールの一種フラバノール(Flavanol)に理由があるのではないかとしています。


このポリフェノールには抗酸化作用の他にも血管機能を向上させ心臓病を予防する効果があるとされており、アメリカやオーストラリア、ドイツで行われた研究では脳血管や記憶力の低下も防いでくれるという結果が報告されているとしています。

一方で今回の記事内容について、記事上には具体的にどの程度運動能力向上が確認されたのかは一切記載されていません。またプラシーボ効果の有無や被験者がたった9人しかいないなど、幾つか疑問がある研究内容となっています。
研究にあたってどのような機関・企業が資金を提供したのか、どのようなチョコレートを摂取したのか等も一切不明であるため、運動能力向上を目的にダークチョコレートをあえて摂取するというのは確かな効果が不明であるため避けたほうが良いと考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!