V-280_5

米陸軍では2030年代に導入を目指す垂直離着陸機候補としてV-280 バローという機体があります。従来機とは異なり高速で広範囲を移動可能なこのティルトローター機に関して、機内で撮影された写真が公開されました。

公開された写真は陸軍長官のライアン・マッカーシー氏がベル・ヘリコプター社に訪れた時に撮影されたもので、現在テスト中のV-280説明を受けたとしています。

V-280_1

V-280の開発状況に関しては、先月18日にテキサス州にあるベル社の施設で2回目の飛行試験が実施されたとしています。実はこの飛行試験は自律飛行の試験だったとしており、記事では離陸後に飛行モードに切り替え設定されていたポイントまで飛行し、自律着陸するという内容だったとのこと。

V-280_2
また現時点での最高飛行速度は機体名ともなった280ノット(519km/h)を超え300ノット(556km/h)に達しているともしています。

V-280_3
V-280は現在米陸軍で運用されているヘリ、ブラックホークを置き換えるために開発されている機体の一つです。

V-280_4

このエントリーをはてなブックマークに追加