シャハブ3_5

先日、イラン革命防衛隊(イラン軍)がイラクにある2つの米軍駐留基地に弾道ミサイル攻撃が実施された件に関して、攻撃に使用したとする弾道ミサイルの映像を公開したと報じられています。

The Aviationistによると公開された映像はイラン国営テレビが放送したものだといい、イラクの基地に行った弾道ミサイルを準備する様子が映し出されているとしています。映像はイランの報道機関に配信したもので、その後ロシア国営のRTニュースで公開されました。



映し出されている弾道ミサイルについては詳細は明らかになっていないもののシャハブシリーズの1つではないかと考えられています。
シャハブシリーズはシャハブ1.2.3.4の4つの異なるバージョンがあり、各バージョンには射程と搭載できる弾頭重量が異なります。今回公開されたのは『シャハブ3』という射程が620マイル(約1000km)、搭載重量が2000ポンド(約900kg)を超えるタイプと考えられるとのこと。

シャハブ3_1

映像は地下のミサイル貯蔵施設が写し出されているもののどこで撮影されたものかは明らかになっていません。弾道ミサイルを準備する様子が映し出されており、地下施設内で垂直に立てられるなど不具合が発生しないかなど事前準備と考えられる動作も確認できます。

シャハブ3_2

シャハブ3_3

シャハブ3_4

記事には記載されていないもののこのような弾道ミサイルの取引を行っているという北朝鮮にも同様の施設があると考えられます。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!