韓国狙撃観測装置_2

狙撃銃を兵士の横で観測を行う観測手。この観測手にも望遠鏡のようなものが装備されているのですが、最近韓国の部隊に支給された新型の観測装置が狙撃兵が扱う銃のものより倍率が低いという問題が発生していると報じられています。

韓国メディア朝鮮日報によると、韓国軍で昨年より命中率向上を名分に一線部隊に導入された狙撃用新型観測鏡に関して、狙撃銃に装備されているスコープよりもズーム倍率が低いことが今月20日わかったと報じています。

記事によると、観測手が使う観測鏡は狙撃手に対して正確な情報を伝え命中率を向上させるために必要不可欠なものであり、銃についるスコープよりも低倍率であれば正しく観測することができず役割を果たすことはできないとしています。この問題に関して軍内外では「狙撃の概念が正しく理解されていない」という批判が出ているとしています。

▼新型観測鏡
韓国狙撃観測装置_1

軍関係者によると、昨年より狙撃を補助する観測鏡が導入されたものの、最大倍率が5.7レベルだったといい、一般的な狙撃照準よりも低いと指摘しています。現在韓国軍における狙撃銃のスコープは3~12倍に拡大し識別することができるといい、これまで使っていた旧式観測鏡の倍率が12~40倍と比較しても著しく倍率が低いとのことです。

▼新旧観測鏡の比較。右が今回問題視されている新型
韓国狙撃観測装置

一般的に倍率が低いということはより広角で見ることができ周囲を見渡せるため逆に良いのではないかと思ってしまいがちです。これについて記事では観測手は狙撃手が放った弾丸を正しく修正するための役割も担っており、軍の世界で用いる観測鏡は銃のスコープよりも高倍率になっていることが一般的だとしています。

一方で韓国軍関係者はまるで私達一般人のような認識を持っており「地形と複数の敵の位置など、全体的な状況を観察するためには視野が広い観測鏡(広角の観測鏡)が必要だ」と話してるとのことです。また新型の観測鏡は夜間の敵味方識別など新しい機能もあると主張しているとのことです。

▼狙撃手と観測鏡を覗く観測手
狙撃手と観測手

記事によるとある関係者の話として「軍が主張するような広角の視野も必要とされているのは間違いないが、倍率を高めて正確にターゲットを識別する能力も必要だ」とし、「数千万ウォンもかけた新型観測鏡が事実上双眼鏡レベルの能力しかないことは残念だ」と口にしているとのことです。

また韓国国防安保に詳しいという専門研究委員は「軍が狙撃の概念を正しく理解していない。まるで砲兵用と考えているかのようだ」と指摘しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!