image_157

中国、武漢市を中心に拡大を見せている新型コロナウイルス。主に風邪に似た症状が最初に現れると言われているのですが、重症になると人工呼吸器が必要なほど深刻な状態になる場合があると報じられています。

簡単にまとめると
  • 感染しても発熱がみられない患者が一部いる
  • 死者は重い肺炎で死亡する
  • 死者の多くは高齢者、持病がある人、肥満の人
韓国メディアSBSによると、北京にある医科大学病院の研究チームは今月15日、新型コロナウイルスの感染報告として現場で患者を分析した結果を明らかにしたと報じています。

記事によると新型コロナウイルスに感染し発症した場合の初期症状は発熱や無気力、乾いた咳がでることがわかったとしています。しかし、患者によっては日を追うごとに呼吸困難となる場合があり、特に深刻な場合は急性呼吸障害や血が止まらなくなる血液凝固障害の症状を見せることもあったとしています。

日本など海外では熱により新型コロナウイルスに感染・発症しているかの簡易検査が実施されているのですが、患者の中には発症しているにも関わらず熱が出ない者もいたと報告しています。(記事上には解熱剤服用の有無の記載は無し)


感染者の状態については多くの人はそれほど深刻な状態になっていなかったとし、殆どの患者は良好だったとする一方で危篤に至り死亡した例では多くは重い肺炎の症状で死亡したとしています。

CTでは肺炎を引き起こした患者の肺は日を追うごとに黒っぽく映っているものが白く変化していったとしています。治療は症状の軽い患者は一般的な治療と同じように軽減する治療だけで改善の傾向がみられたとしているものの、抗ウイルス薬は効果を見せなかったとのこと。

そして深刻な肺炎を起こした患者については最初は一般的な人工呼吸器治療を施し2時間経ってもの改善が見られない場合はより高度な人工呼吸器を用いなければならないとのこと。記事には記載されていないもの高度な人工呼吸器については武漢大学中南病院で该院用移动心肺仪(体外式膜型人工肺、ECMO)という人工肺とポンプを用いて心臓や肺の代替を行う装置を使用したところ重症患者の症状が改善した例があると報告されています。
漢陽大学病院呼吸器内科教授はこのような症状について「呼吸不全症候群に進行しているとみられる」ともコメントしています

また特に深刻な状態に陥るのは他のコロナウイルスと同様に高齢者と持病がある慢性疾患者、そして肥満の人だとしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!