image20

徐々に感染拡大を見せている新型コロナウイルスに関して日本では発症者がどこを訪れたのか詳細は報じられることはありません。一方、韓国ではどこに訪れたのか具体的に店名などを上げるという対応が行われています。

韓国メディア中央日報によると韓国内では2月1日までに371人に対してコロナウイルス検査を実施し12人が感染、70人は検査が続行中とし感染が確認された人は健康状態は安定しており継続して治療が進められていると報じられています。合わせて感染者と接触があった465人に対して監視を続けているとし、これまで5人目から1人、6人目からは2人の二次感染が確認されているとしています。

この感染者について韓国では具体的に過去どのような行動をしていたのかその詳細発表されています。

5번째 확진자, 증상 발현 후 서울 돌아다녔다…접촉자 29명 - 중앙일보

例として記事による韓国の疾病管理本部の公式発表として5人目の発症者は発症後にバスなどを利用し飲食店、スーパーマーケット、ウェディングショップを訪問したとしています。既に訪れた店などは環境消毒を完了したとしています。

具体的な訪問先として1月26日にソウル城東区にあるという占い師を訪問し、イーマート24(GS25)、スーパーマーケット(ヒキガエルマート)に移動していたといいます。この日は城北区の宿泊施設に滞在したとのこと。
27日午前中にソウル市城北区にある雑貨店(ダイソー)、マッサージショップ、午後には飲食店 敦岩洞トッポッキに行き、スーパーマーケット ヒキガエルマート、ラッキーマートをそれぞれ利用していました。この日もソウル市の城北区で宿泊。
28日は、中浪区の美容室に行きスーパーマーケット リズムホールマート、飲食店(이가네바지락칼국수)などを利用。さらに地下鉄を利用し江南区のウェディングショップを訪問し地下鉄を利用し自宅に戻ったとしています。
29日に父親の車を利用し中浪区保健所に行き、検査し帰宅。30日に自宅にて新型コロナウイルスの確定判定の連絡を受けソウル医療院に移されたとしています。

記事では他の感染確定者についてもどのような行動をしていたのか、誰から感染したのかが事細かに記載されています。
また日本から韓国に入国した観光ガイドが感染していたと報じられたことに関しては当該人物は韓国では12番目の感染者としており、49歳の中国人男性だと発表しています。この人物は観光ガイドとして仕事のため19日に韓国の金浦空港から入国したとしており、入国前には日本の感染確定者と接触していたことが確認されたとしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加