image27

「歳をとると次第に白髪が増えていく」と言われますが、それ以外にも「ストレスで白髪が増えた」と話す人もいらっしゃいます。実はこのストレスで白髪が増えるということについてこれまで説でしかなかったものの、科学的に証拠が見つかったと報じられています。

簡単にまとめると
  • ストレスが白髪を増やすことが研究により明らかになる
  • ストレスでノルアドレナリンが放出され、これが色素幹細胞を刺激する
  • 現在、一度白髪になると回復させる方法はない
今回の研究は科学史ネイチャーに掲載されたもので、ハーバード大学やハーバード幹細胞研究所の研究者により発表された論文です。今回はあくまでマウスを用いた研究内容として報告されているもので、被検体となったマウスに人工的に痛みや拘束、心理的ストレスに晒すことでストレスによる白毛化を誘発しその際の変化を研究するということが行われました。

Turns out Stress Really Does Turn Hair Gray, Scientists Confirm

マウスに強いストレス、つまり上記のような刺激を与えたところ、体の中ではノルアドレナリンと呼ばれる化学物質を放出されます。これは人間と同じように血圧を上げたり心拍数を上げる効果があるのですが、これはストレスに対応するような効果があるといいます。


一方で、ノルアドレナリンが体毛に色を与える色素幹細胞に作用していることが分かったといい、結果的に強いストレスが加わり続けることで色素幹細胞を過剰に反応させてしまうことで色素を放出し続けることが判明したといいます。
『放出することは日本人であれば黒髪が持続する』ということになるのですが、実はそうではなく色素幹細胞が枯渇してしまい結果的に毛の色を着色できなくなってしまうことが分かったとのこと。

気になるのは「白くなってしまった毛は再度黒くすることができるのか?」という点です。研究者によると一度白くなってしまった場合、回復させることはできないだろうとしています。

一方で、記事ではストレスが原因の白髪についてはその原因となるタンパク質を抑制することで、毛色の変化を防げたという研究内容もあるといい将来的に白髪を抑制することができる研究も進んでいく事が考えられるそうです。

したがって、現時点では白髪を根本的に治す方法というのは確立されていないということになるのですが、白髪の原因となるストレスを解消することが唯一の方法ということになりそうです。

*抄訳したものを掲載しています
このエントリーをはてなブックマークに追加