image_62

昨年末、宇宙に打ち上げられたボーイングが開発した宇宙船『スターライナー』。しかし機体トラブルが原因で予定されていたミッションが中断され短期間で地球に帰還しました。この宇宙船に関して新たにソフトウェアの重大なバグがあったという内容が報じられています。

Ars Technica(アーズ・テクニカ)によると2020年2月6日に行われたNASAの会議で2019年12月20日に実施されたスターライナーの試験飛行に関して、新たな問題が確認されたという内容を報じています。

Starliner faced “catastrophic” failure before software bug found | Ars Technica

記事によると、問題が発生していたのはソフトウェアで報告によると不具合はスターライナーが発射後に地上で行われていたテスト中に発見されたとしています。具体的にはバグは宇宙飛行士が乗り込むスターライナー本体と後方のサービスモジュールの分離を妨げるものだったとしています。

この問題に関して航空宇宙安全諮問委員会のポール・ヒル氏によるとバグは「スターライナーが飛行中に修正された」「仮にバグが修正されなければ宇宙船はサービスモジュールの分離中にスラスターの噴射と制御が行えず、宇宙船に破壊的な故障が生じていた可能性がある」と述べました。

記事によると、バグが修正されたのはスターライナーが地球の大気圏に再突入するわずか2時間前だったといい、仮にバグの修正ができなかった場合はスラスターによる姿勢制御が行えずスターライナーが破壊され失われていた可能性があると指摘しています。この問題に関してアーズ・テクニカがボーイングに対して聞き取りを行ったところ状況の重大さを軽視するような回答があったと明らかにしています。


安全諮問委員会としてはスターライナーに関して「広範囲の評価を実施することを推奨する」とし、「NASAはスターライナーによる有人飛行を実施する前に2回の地球軌道を周回する無人飛行を実施するかどうかを判断する必要がある」としています。

ボーイングの宇宙船に関してはミッションそのものが事実上の失敗に終わった機体のミッション経過時間タイマー(MET)のズレによる異常なスラスター噴射問題、そしてスラスターそものが複数基故障していたことが確認されるなど地上では確認されていなかった問題が相次いで発覚しています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!