image46

韓国メディアによると、先月30日釜山市にある地下鉄内で突然咳き込みだし、自ら「武漢帰りの肺炎者だ」などと騒いでいたユーチューバーが拘束されたと報じられています。

聯合ニュースによると、出来事があったのは先月30日午後4時30分頃、釜山地下鉄3号線電車内でA氏は突然咳き込みはじめ「私は武漢からきた。肺炎がある。全員私から離れて」などと、新型コロナ感染者を装っていたといいます。記事によると、当時乗り合わせていた他の乗客が驚き、避けるなどの騒動が起こっていたとのこと。

"유명해지고 싶다" 신종코로나 환자 행세 20대 유튜버 구속영장 | 연합뉴스


この映像は自撮りしていたものらしく、続きの映像では地下鉄から降りたA氏は「私はもう正常な人です。誰も私が地下鉄でおかしなことをしたとは知らないだろう」などと嘲笑っていたといいます。

一連の映像はYoutubeにアップロードされ、これを見た韓国のネットユーザーらから批判の声が寄せられていたといいます。記事によるとA氏がアップロードした動画には自分が感染者のように装い繁華街のど真ん中で倒れるような内容もあったとしています。


警察当局は新型コロナに関連した些細ないたずらであったとしても市民の不安などを考慮し厳正な措置をとるとし、拘束令状(逮捕状)を請求したとしています。また今後も同様の騒ぎが発生した場合は強力に取り締まると話しているとのことです。

ちなみにA氏は「有名人になりたかった」などと話しており、警察が捜査に乗り出したことを知り自ら自首し容疑を認めたとのことです。現在A氏が投稿した動画は削除されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!