消毒通路_5

現在中国の都市ではどのような感染拡大対策が実施されているのか、感染拡大を受けて報じられることも少なくなってきているのですが、今回はとある中国企業が開発した消毒通路を紹介していきます。

今回撮影されたのは中国南部に位置する福建省福州市です。『恭賀新春 鼠年大吉』と日本人でも読めてしまう横断幕が掲げられ、中国では春節という正月が終わり仕事初めとなっているのですが、今月11日、市内の不動産会社が団地に暮らす住民らのために感染拡大を抑止するため消毒通路が設置されたとのことです。

福州一小区搭建消毒通道:为进出居民消毒_网易新闻

消毒通路_1

こちらが消毒通路と名付けられたものなのですが、記事によると通路内には一般的な加湿器を用いて消毒剤を霧状に撒くことで服などに付着した新型コロナウイルスなどを消毒しようという案と考えられます。

消毒通路_2

設置されているのは団地の出入り口としており、団地内に入るにはこの通路を通過する必要があるということになります。
新型コロナウイルスについてはもちろん私達人体内で増殖し排出されるものなのですが、消毒や感染拡大を抑止のためには行えることは何でも行うということを伺えます。

消毒通路_3

消毒通路_4
このエントリーをはてなブックマークに追加