image79

中国を除き最も多くの新型コロナウイルスの感染者を出しているダイヤモンド・プリンセス号。現在アメリカをはじめ各国で乗客の輸送を考えている国がいくつかあるのですが、その一つ韓国では民間のチャーター機ではなく軍用機を派遣が決定されたと報じられています。

韓国のフィナンシャルニュースによると、新型コロナウイルスが拡大している日本に停泊中のクルーズ船ダイヤモンド・プリンセス号に乗船している国民の移送のために軍用機を投入する案が浮上していたのですが、韓国政府は現在乗客の帰国希望者が何人いるのかを確認した後の具体的な移動手段を確定するという方針を示し、現在日本へ大統領専用機である空軍3号機を用いて帰国希望者の一部を韓国に輸送することが決定されたとしています。

‘크루즈 한인’ 軍 수송기로 돌아올까 - 파이낸셜뉴스
韓国政府、きょう大統領専用機派遣 日本クルーズ船内の韓国人帰国へ(中央日報日本語版) - Yahoo!ニュース

時系列として今月17日、中央事故収拾本部副本部長は韓国人移送に関して「現在の現地大使館を通じて最終的な帰国希望意志があるのかなどを確認している過程だ」とし、「帰国希望者の人数を正確に申し上げるには追加的な確認が必要な状況」としています。「人数が確認でき次第移動手段をどのように提供することができるのか伝えることができるだろう」と話しました。

記事によるとダイヤモンド・プリンセス号には乗客として9人、乗客5人の合計14人の韓国人が乗船しており、当初乗船者のほとんどが日本に繋がりがある人で韓国へ移送を望む人がおらず対応は日本政府に任せるという雰囲気だったといいます。しかし、船内での感染者が増え続け米国がチャーター機を派遣し自国民移送に出たことで韓国政府は帰国希望者がいる場合は国内移送案を推進するとの方針にしたとしています。

▼派遣に検討されていたC-130輸送機
c-130

問題はどのようにして帰国を輸送するのかです。記事によると17日時点では空軍の主力輸送機であるC-130を派遣したらどうかという案が挙がっていたといいます。理由は帰国者が最大でも14人と人数が少ないことでボーイング737など140座席があるような機体をチャーターするような規模ではないことが理由だとしています。また、C-130よりも小さいCN-235という輸送機や大統領専用機である空軍2号機という40人乗りの機体をつかってはどうかという案もあったとのことです。

軍関係者によると、日本への軍用機の派遣についてはこのような提案が出始めた時点で準備を進めていると話しており、日本側への領空侵入の許可が受けることができれば韓国への輸送は行えるとしています。


今回の案に関して韓国の中央日報によると、「14人のうち一部が韓国に帰りたいという意思を明らかにしたが少数であることが伝えられた」とし韓国政府は18日時点で大統領専用機(空軍3号機)を派遣することを決定したと伝えています。

ちなみに新型コロナウイルスに関しては中国武漢市からの脱出作戦として日本をはじめとして各国が航空機を送り自国民を救出しています。一方で軍用機の派遣に関してはトルコ軍が武漢市に輸送機を派遣し自国民を輸送しており、世界では前例は存在しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加