image87

日本では各地でイベント等が中止される事態に発展している新型コロナウイルスに関して、韓国では宗教団体が開いた集会で33人が感染し、出席していた1001人に対して自己隔離を要請していると報じられています。韓国で感染が確定されている104人のうち57人がこの宗教の信者だったことが明らかになっています。(写真は過去の様子)

フィナンシャルニュースによると、今月20日に新型コロナウイルスの感染者が1日で58人増え、104人になったと報じています。この感染拡大について中央防疫対策本部は、この日確定した感染者は「新天地イエス教会(Shinchonji Church of Jesus)」が開いた集会に関係している可能性があるとしています。

국내 코로나 첫 사망..확진 100명 넘었다 [코로나19 확산 공포] - 파이낸셜뉴스

記事によると、この日感染が確認された58人については集会が開かれていた慶北地域に集中しており、56人のうち33人は国内で31番目の感染信者が新天地イエス教会の集会に参加しており宗教団体が関連があることが確認されたと断言しています。他の残り15人は青島対南病院、7人は別の感染だったとのことです。

中央防疫対策本部長は今回の事態について共同暴露の集団発生事例などとし、新型コロナウイルスに感染していた31番目の確定者が出席した2月9日と16日に集会に同じく参加していた信者1001人に対して自己隔離措置の要請をしたとしています。


中央防疫対策本部長によると新天地イエス教会から1001人に対して信者の個人情報を提供を受けたとし、一定期間隔離した上で症状が出ていないか電話での調査が進められるとしています。

この31番目の感染者は先日お伝えした、医師による新型コロナウイルス検査を二度に渡り拒否していた人物です。また韓国で感染が確定している104人のうち新天地イエス教会の信者だけで47人を占めていることが確認されています。

新天地イエス教会はWikipediaによると『韓国のキリスト教の土壌から発生した新宗教団体であり、1984年3月14日に創設された。教祖であるイ・マンヒ(李萬煕)を再誕のキリストであるとし(イ・マンヒは新天地教会の礼拝において「マンヒ王」と呼ばれて崇拝の対象とされる)、イ・マンヒは決して肉体的な死を迎えないという教説によって知られ、伝統的なキリスト教系教団からは統一教会や摂理(キリスト教福音宣教会)と同様の異端であるとされている』とのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!