新型コロナウイルス_1

新型コロナウイルスの感染拡大が急速に広まった韓国。韓国メディアによると2月24日午後の時点で1日あたりの新規の新型コロス感染者が231人増え833人増えたと発表しています。

韓国メディアSBSによると、中央防疫対策本部は今月24日、午後4時の新型コロナウイルスのの新規患者が午前より70人増えたと発表し、1日で231人増え国内の合計の感染者数は833人に増えたと報じています。

코로나19 확진자 70명 추가, 총 833명…대구·경북 681명 | SBS 뉴스

具体的な内訳については午後に確認された70人のうち53人は、新興宗教団体『新天地イエス教会』で感染者が礼拝に参加していた大邱市(テグ市)で41人、その他の慶北という地域で12人です。他の地域として釜山で12人、ソウルなどで1~2人となっています。

大邱市についてはこの新興宗教団体が原因で集団感染していることが明らかになっているのですが、833人の感染者の内681人がこの宗教団体の信者です。この信者については大邱市だけで1000人以上が何らかの症状を訴える人がいるとされています。またこの宗教団体の信者数は合計で約25万人いるとsれ、地域以外で信者同士で接触が行われることで感染が広まっている可能性も考えられます。

新型コロナウイルスに関してはあくまで専門機関で検査が行われ陽性と判断された場合にようやく感染者の数にカウントされます。これは日本でも同じなのですが、別の視点でみると韓国では疑いのある患者を中心に正しく検査が実施された結果出てきた数値とも言えます。したがって最も正確な数、そして感染の拡大を追跡し認知する上で極めて重要なものであり適切に行われている証拠とも言えます。

一方、日本ではこの検査体制が現時点でも非常に雑と言われており、異常な発熱や肺炎が見られた場合でも病院、あろうことか保健所が新型コロナウイルスの検査すらしないという対応が今時点で続いていると言われています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!