image100

急速に新型コロナウイルスの拡散が始まっている韓国では、大学の学長が言ったなどという根も葉もないウイルス撃退の話が拡散し問題となっていると報じられています。

韓国メディア『ニュースワン』によると、韓国のSNSなどインターネット上で『ヘアドライヤーで新型コロナウイルスを殺すことができる』などと感染予防のヒントがトレンドとなっていたものの、後に全く根拠のない嘘話だったことが明らかになったと報じています。

"드라이어 열로 코로나 죽여" 대학총장 명의 예방수칙은…"가짜뉴스"

記事によると、このフェイクニュースが出回ったのは先日今月24日以前で自らA大学の学長だと名乗る人物が「新型コロナウイルスの確実で簡単な消毒法を教える。熱に弱いコロナウイルスは温度が30度だけなっても弱って死ぬ」という内容だったといいます。合わせて「一般的なヘアドライアーは温度が70~80度になるため服や物品にヘアドライヤーを当てるだけでいい」と説明していたといいます。

明らかに胡散臭い内容なのですが、記事によると大学教育協議会が行った調査の結果「確認した当該大学学長が作成した文章ではないことが分かり、フェイクニュースだ」と発表しました。

現在、この情報を流したなどという学長の大学ではホームページに「当学長を名乗り、各種SNSなどで流れている『新型コロナ予防に関するヒント情報』は事実ではない」などと、内容を信じないよう注意を促しているとしています。

熱で新型コロナウイルスが死ぬのかという点については、記事によると専門家の話として「ドライヤーの熱を加えてウイルスが死ぬのは実験で検証されていない内容だ」と主張してます。また警察当局も新型コロナに関して悪意をもって嘘の話を流した場合、拘束・捜査するなど厳正な対応をとると方針を明らかにしています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!