image128

現在、最も多くの新規感染者を確認している韓国。これは大規模な検査体制を敷いていることが理由の一つなのですが、中国では韓国籍の人が住んでいるアパートのドアを木材で強制閉鎖するという対応が確認されていると報じられています。

韓国メディアYTNによると、武漢市がある湖北省の隣にある安徽省の省都『合肥市』で先週の土曜日、韓国籍の人物が中国に入国し自宅に帰宅したところ、他の住民からアパートのドアを外から角材で打ち付けられ外に出られなくなる出来事があったと報じられています。

[국제]중국 안후이성, 한국인 아파트 각목으로 폐쇄...과도한 격리 여전 | YTN

記事によると、韓国国内では急速に新型コロナウイルスの感染者数が増えており、中国の各地では韓国からの入国者を14日自宅隔離にする地域が多くあるとしており、今回は文字通りドアを釘で打ち付け隔離する事態が発生したとしています。
この時、合わせてドアの外には他の入居者らが交互で24時間体制でこの韓国からの入国者を監視しているとも伝えられています。



中国では一ヶ月以上も経済活動を停止させる犠牲を払ってまで新型コロナウイルスに立ち向かっており、中国では隔離措置については理解する韓国人らも多いといいます。しかし、角材まで使って外に出ないように封鎖するというのは過度な措置であり不安が広がっているといいます。

記事ではこのような措置が明るみになり在中韓国大使館と各地の総領事館は協議を通じて改善を要求しており、中国では日本や韓国から入国した人を一括して14日間指定する宿泊施設に隔離するという措置は若干緩和されてつつあるとのこと。

具体的には宿泊施設にには直接隔離するという対応は取らず検査のため2~3日程度隔離するなどの対応が行われているとしています。しかし、現時点で北京市を始め多くの地域では韓国から入国していきたと耳に入ると14日間の自宅隔離されるという措置となっているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加