image199

医療崩壊という深刻な感染状況となっているイタリア。他のEU各国でも深刻な状況になりつつあるのですが、新型コロナウイルスに関連する処罰を強化する改正案が出されており、極めて重い罰金が課せられる例もあると報じられています。

韓国メディアSBSによると、欧州では速い速度で新型コロナウイルスの拡散が始まっており多くの国で隔離措置と移動禁止令を破った国民に対して処罰を強化していると報じました。

타인 감염시키면 '벌금 8억'…처벌 수위 높이는 유럽 | SBS 뉴스

記事ではイタリアでは既に新型コロナウイルスが原因で全国民に対して移動禁止令を出しているものの、住民が命令を破り散歩するなどの行為が確認されているといいます。これに対し当局は移動制限違反に関して法律を強化しこれまで2万5000円の罰金から25倍の61万円まで引き上げたとのこと。(ただしNHKによると外出制限違反で最大で3000ユーロ、日本円で36万円程度としている)

このような法律強化はイタリアだけではなく、フランスでは法律の改正案が既に提出されており移動禁止命令を破り再び摘発された場合、45万円の罰金と6ヶ月の懲役刑となるとしています

そして世界で最も強力な罰則が敷かれているのはスペインです。スペインでは既に3万人以上が新型コロナウイルスに感染しているのですが、新型コロナウイルス感染者が外に出歩いたり、会議に参加して他人に新型コロナウイルスを感染させた場合は最大で60万ユーロ、日本円で7200万円が課されるとしています。

何かよくわからない事態になりつつあるヨーロッパ各国。第二次世界大戦以降で間違いなく最大の非常事態になっているのですが、この対策について報じた韓国では「他人の健康を脅かす人を処罰するのは適当だ」などと罰則が必要だという声が相次いで寄せられているとのことです。

このような状態がいつまで続くのか。少なくともヨーロッパ各国では感染拡大が始まった初期の時点であり今後も仮に移動制限や外出制限を行い続けた場合、国民の不満とともに暴動などさらなる社会混乱が発生する可能性があります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!