image_42

新型コロナウイルスに関して様々な事件が発生していると報じられていますが、アメリカでは50代の未婚の夫婦が感染を疑い無理心中を図るという事件があったと報じられています。

NBCニュースなど海外の複数メディアによると現地時間4月3日、イリノイ州に暮らす50代の未婚の夫婦が死亡した状態で見つかったといい、54歳の男性の息子から連絡が来ないのを不審に思い当局に通報したことで事件が発覚したといいます。

警察当局によると、家のドアは内側から施錠されており2人は別々の部屋で死亡しているのが見つかったとのこと。室内は倒れていた男性の近くに銃が落ちていたといい、室内は荒らされた痕跡はみつからなかったとのこと。

当局によるとこの事件は新型コロナウイルスで無理心中を図ったと見ています。その理由として遺族の親族らの話として、最近男性の親族に「彼女と自分が新型コロナウイルスに感染した」と伝えており、怯えた様子だったといいます。また事件が発生した2日前に新型コロナウイルスの検査を受けていたといい、この時点では結果は出ていなかったといいます。
ただ、当時女性が咳など呼吸困難に陥っていると話していたらしく、結果は出ていないくても新型コロナウイルスに感染し発症したと思い込んでいたとのこと。

その後の結果、2人は新型コロナウイルスに感染していなかったことがわかりました。死亡していた2人は8年ほど付き合っていたとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加