image_44

ジェットエンジンの一つである強力なターボシャフトエンジンを搭載しブレードを高速回転させ飛行するヘリ。大手ベル・ヘリコプター社は世界的に非常に珍しい一部電動を用いたハイブリッドヘリコプターを開発しました。

ベル・ヘリコプターは従来機体後部に搭載されている小さいプロペラ、所謂『テールローター』をターボシャフトエンジン駆動から発電した電気で駆動させる『電動テールローター』を採用した機体開発に成功しました。既に試作機の飛行を続けており、電動テールローターを用いることで安全性と運用コストの向上、また騒音の低減が可能になると説明しています。

Bell developing fan-driven electric anti-torque system - Vertical Magazine



記事によると、開発されたのはelectrically distributed anti-torque(EDAT) systemというものです。日本語では電気分散アンチトルクシステム。見てのとおり従来ように大きなテールローターを1基搭載するのではなく、あえて小さい4つの電動テールローターを搭載しています。
これは最近知られるようになった小さい動力を複数搭載したほうがより効率的に飛行できるというものに理由があるのかは不明なのですが、同社によると複数のテイルローターを搭載することで、仮に1基壊れたとしても残りの3基で安全に飛行できるようになっており、安全性が増していると説明しています。


どのように電力を確保しているのでしょうか。記事によると、電力はターボシャフトエンジンに搭載された発電機を通じて供給されていると説明しています。「簡単に言えばギアボックス、ドライブシャフト、テールローターハブ、ブレードなど機械式のアンチトルクコンポーネントをすべて取っ払った」と話しており、これにより機体重量が軽くなることで運用コストも削減することが可能だといいます。
また「4つの電動モーターとファンに置き換えた」と説明しているテイルローターについてはファンの羽の角度は固定されているとしており、回転数を増減させることで従来のように機体姿勢を制御しているとのこと。

また飛行中の騒音削減も可能になったと説明しています。記事によると、ヘリコプターはこれまで騒音問題については最重要問題とはなっていなかったものの、最近特にこの問題が求められ始めていたとのこと。具体的に電動化したことでどの程度騒音削減となったのかは記載されていません。

現在ベル社は試作機を用いて2019年5月23日から試験飛行に入ったとしており、現在まで25時間の飛行を行っており飛行距離を徐々に拡大しているとのことです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!