image_107

新型コロナウイルスの拡散を防ぐには人との接触を極力させることが重要と言われています。一方で感染の疑いがある人の隔離対策として韓国政府は電子バンドとスマホを組み合わせたシステムを運用し違反者を見つけ出す対策の実施を発表しました。

聯合ニュースによると、導入が決定したのは『自主隔離違反安心バンド』というもので、韓国政府は今月24日午前に27日から該当者への適用を開始すると発表しました。

"자가격리 위반자, 27일부터 안심밴드 착용…미동의시 시설격리"(종합) | 연합뉴스

記事によるとこの電子バンドは隔離場所から無断で離れたり電話に応じない、また自主隔離のガイドラインに従わない違反者を見つけ出すというもので、当局によると4月27日以降の新たな自主隔離該当者への着用が適用されます。

image_108

全員が強制的に着用させれるわけではなくあくまで本人の同意した場合に行われるとしています。ただ、政府は電子バンドの実効性をより高めるため、電子バンドの着用を拒否した場合は隔離場所を自宅から専用の隔離施設に移されことになり滞在費用などは本人負担となるとのこと。

合わせてい政府はこの電子バンドと連動するスマホアプリを開発し、両方を連動することで違反の把握を発見するとのこと。具体的には隔離場所の位置情報や動きを確認し隔離者が無断で動き回っているか総合的に判断し、担当する公務員が違反を見つければ本人に電話し聞き取りが行われます。

現在、韓国では自主隔離者を管理する自治体公務員は6万3696人という規模に膨れ上がっており、自主隔離違反件数は272件で269人が摘発されています。したがって電子バンドを装着させることで公務員のリソースを他に割り振ることができ、かつ新型コロナウイルスの拡散もある程度防げる可能性もあります。

電子バンドはBluetoothと連動しておりスマホから約20mほど離れたりスマホの電源を切ると着用者と管理者に連絡が入るというものになっています。スペックとしては30日間利用可能で生活防水になっているためお風呂や水場での利用は問題なく使用できるとのこと。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!