image_82

新型コロナウイルスで日本とは異なる検査体制、そして現在の状況になっている韓国。その韓国の外交当局者は「新型コロナウイルスに関して必要な分野で日本と協力する」という趣旨の立場を表明したと報じられています。

韓国の複数メディアによると今月1日、日本の安倍晋三首相が29日の参議院予算委員会で「韓国は隣国であり、重要な国だ」「新型コロナウイルスについて協力していたい」という趣旨の発言をしたことに関連し韓国の外交部は1日「日本は私達の隣国。必要な分野で日本と協力していきたい」という立場を明らかにしたと報じられています。

아베·모테기 "코로나 韓 협력 원한다"···외교부 "요청 없었다" - 중앙일보

記事によると、 現時点で日本政府側から韓国に対して防疫物品(例えばマスクなど)の支援打診、要請は受けたことはないと説明しています。また韓国の国内分については不足が生じないレベルで、日本以外の他国への輸出分の状況をみながら積極的に対応していきたいと方針を明らかにしているとのこと。

これに関して専門家レベルでは韓国側からの防疫品の輸出については、韓国側から日本に打診するのではなく、日本から韓国に要請が無い限りきないのではないかという主張もあるといいます。また大統領府と外交部も「国内世論を勘案すれば日本からの要請がない限りサポートに入れない」という立場だといいます。


また、安倍首相の「新型コロナウイルスについて韓国と協力していたい」というのはあくまで外交上の礼儀的な話しであり、新型コロナウイルス流行前の輸出規制の問題、流行後は入国制限で感情の溝が深くなったことを考えると日韓の本格的な雪解けムードはまだ先になると記載されています。


見出しでも記載したように新型コロナウイルスの対応については日本と韓国はそれぞれ異なっています。仮に日本国内では韓国のコロナ対策に疑問の声がでていたことは事実であり韓国内でもその内容が報じられており既に多くの人が知っています。従って仮に韓国に支援を要請すればこれまでの日本の対応が誤りだったことを認めるということにも繋がりかねません。何れにしても慎重な対応が求められます。
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitterで『ZAPZAP!』をフォローしよう!