新型コロナウイルス_1

日本政府によると今月13日より新型コロナウイルスを人体から見つけ出すことができる抗原検査のキットを承認する方針を明らかにしました。これによりPCR検査よりもより迅速に検査が可能になるとしているのですが、抗原検査は抗体検査やPCR検査とは何がちがうのでしょうか。

 政府は9日、新型コロナウイルスを患者の検体から15~30分で検出する「抗原検査」のキットを13日に薬事承認する方針を固めた。PCRによる検査が数時間かかるのに対し、医療現場で短時間で判定が可能になるため、検査態勢の強化に貢献しそうだ。当面、週20万件分が供給可能だ。ただ精度はやや劣るため、陰性が出た場合は、念のためPCRによる検査を実施する見通しだ。

共同通信
現在新型コロナウイルスに感染しているのかしていないのか、その判断はリアルタイムPCR検査という検査方法が行われています。これはウイルスの遺伝子を増幅して検出する方法で、検査途中でその結果をみることができな非リアルタムのPCRよりも10倍から100倍に検出感度が高いとされ、一般化されています。
ただ、欠点としては検査結果がでるまで4~6時間あまり時間がかかり、機械により自動化されているものがあるのですが日本では多くが手作業で行われており、検査結果がでるまで時間がかかるという欠点があるとされてます。

一方、最近アメリカなどで大規模に行われているのは抗体検査です。これは今回報じられた抗体検査とは全く別ものです。抗体検査とは過去にそのウイルスに感染し人体がそのウイルスに対して抗体をもっているのかの有無を調べることができるというものです。従って、この検査では検査した時点で新型コロナウイルスに感染しているのかは判別は難しく、あくまで過去の感染歴がわかるというものです。


今回報じられた聞き慣れない『抗原検査』とは、ウイルス特有のタンパク質(抗原)を狙ってくっつくという性質を利用し、患者から採取した検体に新型コロナウイルスが含まれているのかを発見することができるというものです。検査からわずか15分~30分で感染の有無を調べることができるのも特徴です。一方でPCR検査よりも精度は高くないとされているものの、検査は容易であり迅速にかつ大規模に検査が可能というものになります。
検出感度についてはキットにもよるものの陽性となる場合に必要なウイルス量は数万個とされており、仮にウイルスをもっていないにも関わらず陽性となってしまう可能性は低いとされています。

つまり抗体検査は過去に感染したかどうか、抗原検査は今ウイルスをもっているかを調べることができるもので、今後はPCR検査の前に先に抗原検査が実施され陽性であればPCR検査に回されたり、明らかに症状が出ているにも関わらず陰性となった場合はPCR検査を行うという流れになると考えられます。
何れにしても今後検査が迅速に行えることでより早く患者を見つけ出し隔離されることにもなり感染の流行も早く押さられることになると考えられます。
このエントリーをはてなブックマークに追加