image_173

軍人もしくはそれに近い職業の人しか手にすることができない手榴弾。ロシアメディアによると、隣人のパーティーがうるさいなどと手榴弾を投げ込み、物理的に黙らせた人が逮捕されたと報じられています。

Sputnikなどロシア系メディアによると、トルコにほど近いロシアのスタヴロポリのプリエトクスコムという街で今月10日夜、自宅の誕生日パーティーを行っていた人たちに対して手榴弾を投げ込んだ人物が逮捕されたと報じてます。

ロシアで男性がパーティー中の民家に手りゅう弾を投げ込む「うるさかった」 - Sputnik 日本

他のニュースサイトなどによると、若者が大騒ぎしていたのかと思いきや、55歳になった女性の誕生日パーティーが屋外に設けられた屋根付きの建物で行われていたとのこと。逮捕された男性は手榴弾を投げ込む前に直接注意したものの、結果的に騒ぎは収まらなかったとのこと。

その後どのようなタイミングで手榴弾が投げ込まれたのかは不明なのですが、手榴弾は柵越しに投げ込まれたといい、55歳を迎えた女性の足元付近に落ち爆発したとのこと。
この爆発により3人が重体、11人が負傷していたと報じられています。ちなみに手榴弾を投げ込んだ男性は当時酒に酔っていたとのことです。

この手の騒音トラブルについては日本では新型コロナウイルスによる外出自粛で隣家またはマンションやアパート内で殺害に至るトラブルも報告されています。今回のケースでは騒音を注意した人物が逆に騒音を撒き散らす結果になったのですが、この手の騒音トラブルについては殺害に至らなくても嫌がらせなどに繋がるケースが多々報告されており、特にストレスを抱えやすい現状では特に注意したいところです。
このエントリーをはてなブックマークに追加